"トッキー"の記事一覧

事実上本日、将来の皇室消滅が確定しました。

ゴー宣界隈は過剰に激しい言葉で人を煽るのが好きですよね。事実上本日、将来の皇室消滅が確定しました。 | ゴー宣DOJO https://www.gosen-dojo.com/blog/46145/《事実上本日、将来の皇室消滅が確定しました。》《どうしたって、次世代の皇位継承資格者は悠仁さまおひとりになります。悠仁さまがご結婚し…

続きを読むread more

小林よしのり氏が読み解く『ドラゴンボール』の秘密。戦闘漫画に潜む無意識と「鳥山明の戦争論」

ゴー宣道場では馬鹿とアホンダラの天下一武道会が毎日開催されている有り様であり、やはり人間は少しでも頭が良くなるために日々研鑽し勉学に励んでいくことを意識していかなければ、あの連中のような愚か者になってしまうのだと身が引き締まる思いです。そのことを改めて気づかせてくれるゴー宣道場には感謝申し上げます。日本文化を語った本でこれ以上のものはな…

続きを読むread more

「カテゴリ 日本論」ベストセラー1位独走中!

イボナメクジの愛称でお馴染みの小林よしりん先生の新刊『日本人論』っていつの間にか発売日が過ぎていたようですね。イボブレーン(実質原作者)である時浦兼が毎日宣伝ブログをあげていたようですが、売れ行きは好調なのでしょうか?私は昨日(土曜日)、映画を3本ハシゴしたあとに大手書店に寄って北斗の拳新装版15巻16巻を購入しました。その時に書店内を…

続きを読むread more

「鳥山明死去:ロマン優光連載282」を読んで

ついさっきロマン優光さんの記事を読んで、「共感しかねぇな」とか思って、自分が小学生の頃から高校生の頃にアホほど読んだ鳥山作品について酒を飲みながら語り明かしたい気分になっています。https://bunkaonline.jp/archives/4554「ご本人はもう辞めたかったという後期ドラゴンボールが少年マンガとしてクッソ面白ぇのヤバ…

続きを読むread more

赤石晋一郎氏がトッキーに反論する動画

愚行録ブログでは特に書くこともないわけですが、昨日行われた横浜のカラオケ大会はおそらく「大盛況」で幕を閉じ「大成功」ということで信者は「大歓喜」して「大勝利」を確信し今後の「大躍進」が期待されるところです。まるでどこかの創価の大本営発表みたいで最高でーす!ところで、元文春記者がヘドロ男に向けてYouTubeでメッセージを送っていたようで…

続きを読むread more

『夫婦の絆』、素朴な感想大歓迎!

時浦兼が小林マンガへの読者からの感想の少なさを憂いて必死になっているブログが最高に笑えました。さすが超一流のギャグ漫画家のアシスタントと言いたいところですが、笑わせているのと笑われているのとの違いぐらいは理解した方が良いと思います。『夫婦の絆』、素朴な感想大歓迎! | ゴー宣ネット道場https://www.gosen-dojo.com…

続きを読むread more

押忍、オラ大神源太!

https://youtu.be/uM-6q5ZmlmY?si=xdC3o2WT5ymMTdj9↑新作ゆっくり解説をご覧いただけたでしょうか。今はもう愚行録よりもyoutubeのゆっくり解説に本腰を入れているので、ブログ更新が滞ることはご理解いただけたら思います。残念ながら動画の再生数はいかんともしがたい数字ではありますが、なにしろ小林…

続きを読むread more

カミさんにうつして治しました

とあるガス生命体アイが不思議なことに一切触れることのない時浦ブログの「カミさん」ネタについて、まずはイジっていきましょう。インフルエンザワクチン「有効性がある」とする研究の検証 | ゴー宣ネット道場https://www.gosen-dojo.com/blog/44905/《その時の風邪ですが、実際はコロナだったかインフルだったかもわか…

続きを読むread more

火の意志を継ぐ者

ご無沙汰しております。皆さんはVeryでMerryなジーザス聖誕祭をお過ごしのことと思われます。私はまるでいつもと変わらぬHappy Holidaysをマンキツしているところであり、それゆえにイボ界隈への監視をまるっきり怠り、映画やマンガを読んでは安穏としておりました。最近今更ながら端末にApple Musicを入れたこともあり、昔聴い…

続きを読むread more

火の通りの甘い焼き鳥には気をつけろ

若手芸人辺りが、はっちゃけて自身が粗相したエピソードを笑い話のネタにするなんてのをバラエティ番組などで観て笑ったりしますが、おいっ、小林!お前はもう70過ぎた老耄であることを自覚しなさい!老人の粗相は決して笑いのネタにはならず、生々しいまでのリアルな現場でしかありません。火の通りの甘い焼き鳥には気をつけろ | ゴー宣ネット道場https…

続きを読むread more

【Play Backゴー宣!】12月8日に読みたい『パールハーバー』

イボナメクジ研究所の動画制作についてアドバイスコメントがありました。《YouTube全般での感想なのですが「不快なものをあえて楽しむ」のには「ゆっくり」よりも「ずんだもん」の方が適正が高い様に思います。当該チャンネルでも試してみてもらえたらと思います。》(とーほくどーさん)https://washiblogact3.seesaa.net…

続きを読むread more

時浦は「非国民」という言葉を使って暴走したか?

小林よしのりのブレーンである時浦兼。彼はオタクを自認していますが、オタクといってもさまざまで、世間的なイメージではオタクといえば偏った知識が膨大にある人を指しますが、しかし同時にただのアニメ好きやアイドル好きというだけでオタクにカテゴライズする向きもあります。時浦はどちらかといえば、後者の方に当たり、さして知識もない好事家といった感じで…

続きを読むread more

うちのカミさんなんざ完全拒否って反応

愛子さま22歳の誕生日、おめでとうございます。 | ゴー宣ネット道場https://www.gosen-dojo.com/blog/43523/《来年1月初旬に現在連載中の『日本人論』の原稿が溜まるので、いったん休止して『愛子天皇論』の2巻目の連載を再開する。》あれ? いったん休止とはどういう事情でそうなったのか詳しくお聞きしたい。もし…

続きを読むread more

「当事者の会」男性死亡を利用した「検証潰し」は許されない!

《ジャニー喜多川氏による性加害問題で、元所属タレントらでつくる「ジャニーズ性加害問題当事者の会」に所属していた40歳代の男性が、大阪府内で死亡していたことが捜査関係者らへの取材でわかった。自殺とみられる。男性はSNSなどで 誹謗ひぼう 中傷を受けていたといい、府警が経緯を調べている。https://www.yomiu…

続きを読むread more

本当の被害者だったらこんなこと絶対しません!

小林よしのりの作画スタッフであり創作ブレーンでもある時浦兼氏が写真週刊誌Flashについて、次のような見解を述べています。非ジャニーズ、証言だけの「被害者」まで応援するFLASH、気は確か!? | ゴー宣ネット道場https://www.gosen-dojo.com/blog/42866/《FLASHって、狂ってるんじゃないの…

続きを読むread more

飯島を呼べ

まず時浦ブログの一文を読んで仰天しました。自称被害者代表・平本淳也と『ジャニーズおっかけマップ』訴訟 | ゴー宣ネット道場https://www.gosen-dojo.com/blog/42224/《ジャニー喜多川の性犯罪は民事裁判で認められていたといっても、刑事告訴されていない以上、ジャニーを「犯罪者」とはいえない…

続きを読むread more

閲覧数50万回のカラクリ

いやはや、今回もよしりんブログに騙されてしまいました。いえね、よしりんが「わしのブログがバズっている」というものだから、私はわざわざアクセス数を調べるツールを使って確認したところ、大した数字ではなく、一体ぜんたいどういうことだろうと首を傾げていましたが、そのカラクリが解けましたのでご報告いたします。ジャニーズ事務所よ、ファンの声を聞け!…

続きを読むread more

「「案件」という言葉を知っているか?」を読んで。

唐突にトー横キッズを盾にして性暴力を受けた被害者叩きをした小林よしのりのブログに感銘を受けた小林シンパの感想を紹介する時浦兼。「「案件」という言葉を知っているか?」を読んで。https://www.gosen-dojo.com/blog/41830/《~ 小林先生へ ~小林先生のアンテナの感度には、いつも驚かされてし…

続きを読むread more

ジャニーズ問題「ゴー宣道場の公論馬鹿」の皆さん、見てる?

いい加減、7月に行われた「愛子さま祭り」の後夜祭(参加費1万5千円)についてブログでツッコミたいのですが、ゴー宣道場側がいつまでもジャニーの性加害について執着していて、まずはそれについて先行してツッコミを入れざるを得ず難渋しております。ゴー宣道場では現在、岡本カウアン一人にマトを絞って、その人間性や交友関係をあげつらい、信用ならざる人物…

続きを読むread more

Twitterでのゆうという人物の感想はめちゃ大事!

お盆休みの今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか。私は今現在自宅の2階ベランダで半裸姿になって日光浴と洒落込んでおります。廉価版「ドリフターズ」上巻を読みながらアサヒスーパードライのトール缶をぐいぐいと3本ほど空けて、とてもブログを書けるような頭脳の具合にはなっていません。そういう事情もカミして今回は読んでいただければ、これ幸いでご…

続きを読むread more

性加害を文化と語る小林よしのりと時浦兼

小林よしのり及び時浦兼がジャニー喜多川の件でセカンドレイプを繰り返していることについて幾つか指摘してきましたが、この二人プラス秘書1名が自己弁護だけを考えて自分たちの加害行為を正当化する言葉を吐き散らかし続けていて呆れます。人から異論を受けたらひとまず深呼吸し、自分の発言を改めて読み返して反省すべき点は素直に認めて猛省することで人は成長…

続きを読むread more

性暴力の被害者をとことん貶める時浦兼

ジャニー喜多川による性加害を告発した被害者たちのことを小林よしのりは「敗者のルサンチマン」などと吐き捨て二次加害に興じ、そのおぞましいセカンドレイプについてごく一部のゴー宣読者から異論が出るや、よしりんの眷属である時浦兼がまるでヘドロのような理屈を垂れ流し、小林よしのりの愚論を必死に正当化していて、大した公論の場であることを開陳していて…

続きを読むread more

ジャニーズ告発者をセカンドレイプする時浦兼

イボナメクジこと小林よしりんのブレーンである時浦兼の二次加害ブログについて再度検証します。 ジャニーズ告発者批判は「セカンドレイプ」か? | ゴー宣ネット道場https://www.gosen-dojo.com/blog/41358/ 《それよりも腹が立つのは、この人に限らず、伊藤詩織さんを持ち出してくる人がやたらと多いことです。伊…

続きを読むread more

セカンドレイプやりっぱなしの時浦兼という男

小林よしりんの代弁者である時浦兼ちゃんがジャニーズ問題について伊藤詩織さんに絡めてブログをあげていましたので紹介します。 ジャニーズ告発者批判は「セカンドレイプ」か? | ゴー宣ネット道場https://www.gosen-dojo.com/blog/41358/ 《それよりも腹が立つのは、この人に限らず、伊藤詩織さんを持ち出してく…

続きを読むread more

トッキーの知人で信頼できる人

以前に小林よしりんがブログにて、道場サイトをまたまたリニューアルすると書いており、前回の改悪(過去ブログのURLの消滅)と同じ轍を踏まないよう注意して欲しいと思ったものです。リニューアルに際して、旧URLと新URLを対応させてリダイレクトしないと、私がこれまでツッコミを入れた道場ブログのリンクがすべて死んでしまいます。そんなツッコミ逃れ…

続きを読むread more

朝日新聞記者保科龍朗を憎悪する時浦兼

論破祭りを背負って当方ブログに議論を挑んで来た公論戦士について、前回ブログ記事で取り上げたのですが、私の反論(論破)に対して今のところ完全沈黙をしてしまっています。 論破祭りを名乗る公論戦士ちゃんは得意顔で「ソースは提示出来ますか?」などと挑発してみせていましたが、私が「ソースは小林よしのり」と返したら、ぐうの音も出ずに敗残とはどこの…

続きを読むread more

上皇后陛下の付箋付き御本について詳細は明かせない

宮内庁がさまざまな識者の意見を幅広く聞く、いわゆるヒアリングをしたとして何の疑問もありませんし、それは別に密会ではありません。 小林よしのりことイボナメクジ先生は皇后時代の美智子上皇后から付箋まみれの自著を賜ったと言い、それを錦の御旗にして持論の権威づけに利用しています。「マウントを取りたいだけの男系派」小林よしのりライジング Vol…

続きを読むread more

男系男子による皇位継承を推進するAI

ゴー宣道場運営スタッフ(無償ボランティア)のムーラN(元東北設営隊長)が「倉山満先生を応援するAI」と名乗り、小林シンパの公論戦士たちに論戦を吹っ掛けては敗走するというミジメな工作活動(マッチポンプ)をしていたことが発覚したのは記憶に新しいところですが、なんと懲りもせずにまた「なりすましアカウント」を作ってツイートし始めたというのですか…

続きを読むread more

小林よしのり氏が哀れに見えてきた

前回紹介した倉山満の記事について、ドロヘドロこと時浦兼が非常に悪質なブログをあげていました。倉山満が記事のなかで、ゴー宣道場側が馬鹿の一つ覚えのように連呼している「側室なくして男系男子を維持することは不可能であり皇統の危機だ。安定的皇位継承の為には直系長子を優先にしろ」という主張について、次のように返しました。 《側室は幼児死亡率が高…

続きを読むread more

皇位の安定継承を巡る雑音を整理する

皇籍復帰案で「賀陽家」からは「好感触を得られている」 愛子さまと交流を深める二人の兄弟の素顔 | デイリー新潮https://www.dailyshincho.jp/article/2023/03160557/《臣籍降下した11宮家の中で、ひときわ注目を集めているのが1900年に創設された「賀陽(かや)家」(旧・賀陽宮家)である。現当主…

続きを読むread more