"よしりん先生"の記事一覧

とりあえず実家のおぼっちゃまくん捨てるわ

新しくUPしたゆっくり解説はご覧いただけたでしょうか?↓https://youtu.be/mgosrNwABlE?si=GDnCq_mBSIkILdiV前回のゆっくり解説は再生数2万回を超えましたが、それはたまたまタイミングが良くYouTubeのオススメになったからに過ぎず、そんな偶然はそう何度もあるものではないので、今回は良くて200…

続きを読むread more

妻がわしを信頼する理由

まずはコメント紹介。《イボのエアリプブログを読みました。虚言癖を指摘されての居直りのようですが、文章が下手くそすぎて、ちょっと何言ってるか分からないwとりあえず、「わしも若い頃から騙されたことは何度でもあるが、この歳になってもまだ騙される。」「独善的で、自分本位に考える奴は、自分は騙される方で、騙す方じゃないと主張するが、自分を客観的に…

続きを読むread more

狂人と聖人、どちらを信じるか?

大谷の足を引っ張る奴は国賊 | ゴー宣DOJO https://www.gosen-dojo.com/blog/46333/《日本人がベーブルースを乗り越え、大リーグの記録を次々に新し、世界一の野球王になってしまう。》《大谷はひたすらストイックに野球道に励むのみ。日本人は守ってやる必要がある。大谷の足を引っ張る日本人は国賊と言…

続きを読むread more

言論は恐ろしい。

コメント常連シチューせんべつさんが時浦兼のブログ記事についての報告してくださいました。人の「評価」が気になった時に思い出したい言葉https://www.gosen-dojo.com/blog/46275/【ゴー宣欄外名言集 その37】《わしも含めて人はかならず他人の悪口を言っている。そしてその悪口はかならず他人の元へ届く。他人は「あの…

続きを読むread more

「夫婦の絆」のクラマックス

「右脳」で捉える女性には「歌謡曲を通して」が有効である。 | ゴー宣DOJO https://www.gosen-dojo.com/blog/46280/《「歌謡曲を通して」の反響を見てると、あまりに熱烈で、あまりに濃密なので、どうしても疑心暗鬼に陥る。仲間うちの評価か? 忖度三昧の好評か?この反響が本物なら、ネット表現に革命…

続きを読むread more

敷居が高いという馬鹿馬鹿しいレッテル貼りを受容しない

「手遅れ」とか「もはや引くに引けない状態」とかになる前にその場から距離を置くことって重要。ゴー宣DOJOとかいう運動に関わっている人たちもそこのあたりをちゃんと考えておいて方が良いと思います。私や私の妻は恥ずかしながらゴー宣道場が3年で終わると言われていた頃に期限付きだからという理由で参加したクチですが、そのことは今では黒歴史として赤面…

続きを読むread more

ほっといたらこれでいいと思ってつけあがりますからねえ

『ゴー宣』はバトル漫画か? 良き理解者の意見。 | ゴー宣DOJO https://www.gosen-dojo.com/blog/46020/《「『ゴー宣』は「ドラゴンボール」と同じバトル漫画だ」と言ったところ、それに影響された奴が、ライジングコメント欄に同じ意見を書きこみ、賛同する者が増えた。それに不快感を募らせたトッキー…

続きを読むread more

鳥山明の戦闘漫画に敬意を表する

イボナメクジの愛称でお馴染みの小林よしりん先生はネットの生配信では散々その本音を吐き散らかして、鳥山明先生への嫉妬を剥き出しに悪口を垂れ流していたクセに、その事実を掴んだ一部の有志がYouTubeなどで指摘したら、慌てて火消しをするような記事を小林よしのりライジングにUPしたようで、情けない腰抜け野郎丸出し玉無しで笑いました。表現者の本…

続きを読むread more

小林よしのりによるドラゴンボール分析

世界中が鳥山明先生の死を悼んでいることについて快く思っていないイボナメクジこと小林よしのりが自身のネット番組でわざわざ揶揄してみせた件についてショート動画で指摘したところ、幾つかご意見をちょうだいしました。https://youtube.com/shorts/9XkxDKGXgkg?si=IaFMA78nqM03VNo1鳥山明氏の訃報を…

続きを読むread more

「かつての日本は性に寛容だった」

小林よしのりが戦争論以降ずっと念仏のように唱えている「戦前の日本人は立派だった」とか「明治以前の日本は寛容だった」とか言うのはあくまで小林の思い描く「理想郷ジパング」であり、それを史実であるかのように主張する学説には懐疑的な私です。過去に理想郷を思い描いて現代を批判するというのは珍妙な学者や作家がよくやる手口であり、「古き良き時代は現代…

続きを読むread more

「歌謡曲を通して日本を語る」横浜LIVE

世間的にはまったく話題にならなかった小林よしりんの横浜カラオケ大会についてコメントが届いています。《昨日の素人オバハンが踊り狂い、じいさんのカラオケを見守るイベントですが会場が特定されてましたね。最大キャパが着席60人とのことですが、写真を見てみるとかなり詰めて60っぽいのでイボリンの通路やトッキーカメラスペースを考えるともっと少ないの…

続きを読むread more

「人権真理教」の次はやっぱり「動物権真理教」だ。

数週間前、小林よしのりは敬宮内親王が中学生の頃に書いた作文について異様な興奮を示したマンガを発表していた。その作文の内容はまんま「動物のお医者さん」であり、アニマルライツな思想が確固として存在していた。そんな敬宮内親王の思想を嘲笑う爺さんがいることをご存知だろうか?猫は死期を察して飼い主の元を去るか? | ゴー宣DOJO ht…

続きを読むread more

セカンドレイプを恐れて冤罪証明ができない社会になっている?

小林よしのりとそのスタッフが馬鹿の一つ覚えのように「キャンセルカルチャー」と主張してセカンドレイプを正当化しようとしていることについて、見事な解説が届きましたので紹介させていただきます。《ゴー宣ジャーナリストの仕事ってゴー宣界隈のイカレ具合を世に知らしめることでしたっけ?それなら鷲ヲさんが触れられない例の自称被害者も立派なゴー宣ジャーナ…

続きを読むread more

それはもう絶望的につまらない

2月14日に配信したばかりのゆっくり解説の再生がイマイチ伸びないというので、急ぎ次なるゆっくり解説を完成させて配信させてしまった動画制作者。彼女のロウヲネギラウ意味もこめてYouTubeチャンネルへコメントしていただけたらと思います。https://youtu.be/3s7gK_HT1us?si=CGoy-jq4RBxlVQZkさて、こ…

続きを読むread more

「セクシー田中さん」の原作者と製作陣の齟齬は、わしの場合はない。

「コロコロはぬるま湯」なんて、言うわけがない!! | ゴー宣ネット道場https://www.gosen-dojo.com/blog/44834/《ジャンプ連載経験者で、コロコロにも描いた漫画家は他にもいるのですが、コロコロでの作品が知られている人がよしりん先生しかいない》《コロコロを「ぬるま湯」と言った漫画家は、そうやってコロコロをナ…

続きを読むread more

週刊文春、わし丹念に読んだけどね

五大厄災アルカの夫である時浦兼ちゃんが撮って出しの動画について、以下のアオリを入れています。緊急撮って出し!よしりん先生動画配信!! | ゴー宣ネット道場https://www.gosen-dojo.com/blog/44446/《新生・ゴー宣DOJOに対するよしりん先生の意欲があふれまくる動画になっています!途中、松本人志のスキャンダ…

続きを読むread more

たった500円だからなんか変じゃないか?

世間では週刊文春に載っている松本人志の記事が話題になっていますが、小林よしりんはジャニー喜多川の性加害にはあんなにご執心であったのに、松っつんのそれについて「噂スキャンダル」といった曖昧な表現でお茶を濁しています。それは葉月蓮さんの件があるからなのでしょう。松本人志はキャンセルされるのか? | ゴー宣ネット道場https://www.g…

続きを読むread more

正月から大地震か。心配ですな。

正月にゴー宣DOJOの元設営隊の方から旧Twitterにダイレクトメッセージが届いたのですが、なんでも新年早々に門下生の大幅粛清を行なったらしいじゃないですか。そんな剣呑なことが内部で起きているというのに、小林よしりんは一切黙して語らず、表向きは何事もなかったかのように振る舞っているのですから笑えます。初笑いをプレゼントしてくださってあ…

続きを読むread more

「公」と「私」について

介護の話はわしを無視して続けて欲しい。 | ゴー宣ネット道場https://www.gosen-dojo.com/blog/43799/《「ゴー宣道場」ジャーナリストのテーマについて、わしが介護のことは関心ないと言ったが、無視してくれ。》《実はわしの妻は介護に関心があるから、介護の話は面白いそうだ。》《わしはわしの介護なんか妻か、秘書み…

続きを読むread more

LINEという道具も、幼稚な人間では役に立たない。

小林よしりん先生が可愛すぎてキュン死するような最高のブログをあげています!私がムツゴロウならば、「おーヨシヨシヨシヨシ!」と小林よしのりを強く抱き締めて髪の毛を掻きむしっているところです。LINEという道具も、幼稚な人間では役に立たない。 | ゴー宣ネット道場https://www.gosen-dojo.com/blog/43745/小…

続きを読むread more

令和5年ゴー宣流行語大賞ノミネートに異議あり!

本日開催されたゴー宣道場のなかで、我らがイボナメクジこと小林よしのり先生が「わしは週刊SPA!から冷遇されている」と愚痴っていたとの報告を受けました。確かに週刊SPA!編集長の旧Twitterアカウントの投稿を掘ってみても、小林よしりんについての言及は一切なく、SPA!のオススメ記事でもゴー宣を挙げることはありません。驚きだよ。悲しいこ…

続きを読むread more

よい子は「名誉毀損」に萎縮しちゃだめよ

前回、イボナメクジこと小林よしのり先生がイボナメクジ研究所のYouTubeチャンネルの動画にショックを受けていると指摘したところ、これに気を悪くした小林よしりんが早速反応しておりました。『夫婦の絆』コンテ、進行中。よそ見できない。 | ゴー宣ネット道場https://www.gosen-dojo.com/blog/4…

続きを読むread more

言っとくが、わしはそーとー歌がうまいぞ!

イボナメクジこと小林よしのり先生がYouTubeイボナメクジ研究所チャンネルの最新動画の感想をブログに書いてくださいました。力のある者に頼るしかない。 | ゴー宣ネット道場https://www.gosen-dojo.com/blog/43443/《「歌謡曲を通して日本を語る」は音楽番組ではない。歌がヘタすぎて音楽番…

続きを読むread more

久田将義と吉田豪の噂のワイドショー2023年11月号を観よう!

昨日の吉田豪さんと久田将義さんの生配信では、ゴー宣ネット道場のブログ記事について痛烈に批判していましたが、小林シンパの皆様はちゃんと視聴されましたでしょうか?吉田豪さんと久田将義さんは論破祭りの標的になっていないのでスルーという方針なのでしょうか。以下リンク先のYouTube動画の24分48秒あたりから、ゴー宣ネット道場について言及して…

続きを読むread more

人の心とかないんか?

自殺という行為や自殺の理由について小林よしのりが浅はかな見解を示しており、それをここで紹介するのはゲンナリするのですが、人でなしの意見の見本として晒すことに一定の意味があると思いますので以下に引用します。※気持ちが落ち込んでいる方などはここから先は読むのを控えるようお願いします。他人の自殺で同情心は湧かないから、武器にはならない。&nb…

続きを読むread more

堕ちてゆく小林よしのり

堕ちてゆく小林よしのり。アナタのその今の有り様を見て、涙している人はおそらくそう多くはないでしょう。私も私の妻ももはやそんな気持ちになることはありません。また、妻が中傷されたことについての怒りも憎みも今はまるでありません。まあ、憎しみなんてものは当初からありませんでしたが。ただ今、堕ちてゆくアナタのザマを見て、私たちが何を思っているのか…

続きを読むread more

朝日新聞の非常識、62歳のジジイの大学生の時の性被害?

まず大前提として、ジャニー喜多川の性加害の事実については既にジャニーズ事務所側は大筋で認めており、被害者救済の為に今後どのようにすべきかというフェーズにあることを理解しましょう。今話し合われるべきは被害者救済であり、ジャニー喜多川の性加害の有無や擁護ではありません。被害の認定などは外野が口を出すことではなく、第三者委員会などが調査し、し…

続きを読むread more

拝啓、ジョン・レノン

拝啓、小林よしりん先生。世は三連休でありまして、私は今、鄙びた温泉地で日頃の疲れを癒すべくのんびり過ごしております。そんななか、小林よしりん先生は相も変わらず誰からも求められていないから売れもしない、つまりは小林よしりん先生が生配信で仰っていた通り、儲かりもなんもしないマンガをシコシコ描いているとのこと、無駄な努力ご苦労様です。「夫婦の…

続きを読むread more

「歌謡曲を通して日本を語る」は選曲が重要だ

愚行録ブログ更新の為に休み前に久しぶりにゴー宣道場公式サイトを閲覧したのですが、特に話題に上げるようなことが一つもなくて、こうやってアンチすらいなくなってゆくのだなぁなどとしみじみしてしまいました。そういえば、1週間以上前に小林があげたとんでもない内容のブログ記事は世間的には一切話題にもならず炎上すらしませんでしたね。普通なら名のない一…

続きを読むread more

平和な国だけで通用する子供の人権というイデオロギー

イボナメクジこと小林よしのり先生はもともと文章は得意な方ではなく、率直に言ってしまえばヘタクソな人でしたが、それでも意味は通るものは書いていたと思いますが、近年の氏のブログ記事のヤバみには不安しかありませんでした。それがここ数日更に拍車がかかっていて、「周囲にいる人! 特に近親者は気にかけてあげて!」と注意喚起したくなります。…

続きを読むread more