ファンサイト管理人真安の恫喝と信仰

最近は多忙を極めている為に、道場ブログをチェックすることもなく、また情報提供者からの連絡も半ば無視する形で空返事を返しており、とても愚行録を更新出来る状態にありません。
しかし、それにも関わらず当方ブログにアクセスしてくれている方々が一定数おり、心苦しく思っています。
ブログ更新を怠り誠にすいまメーン!

せめてYouTubeにUPした「ゆっくり解説」についての紹介記事ぐらいは書いてお茶を濁さねばならないのではと思い、久しぶりにSeesaaのアプリを開きました。

2CEC7D28-90A1-40D1-9AC7-1ADA2189AF05.jpg

動画のアクセス数を見ると、意外と現在も熱烈なシンパである連中についてよりも離脱した方々について取り上げているものに関心が集まっているのが分かります。
道場設営幹部の遅延ブー(仮名)やファンサイト管理人真安ゆーじ(実名)について、ゆっくり解説しても再生数が伸びないのは実に興味深いことです。

今回はそんな不人気な二人の内の一人、キモメン真安について取り上げた動画について軽く触れてみたいと思います。

まず冒頭に、研究所からのお知らせとして「カレーせんべいについて」の扱いを所長直々にアナウンスしております。
滑舌の悪い東北訛りで聞き取りづらいところもあると思いますがご容赦ください。

9C4F6DDD-5D78-43A5-A09D-4BB6EA6E8F45.jpg
イボナメクジとはあくまで愛称であり、決して中傷の類いではないことをまず強調させていただきます。

99755276-C3FF-4DA0-9DCA-1D4055AB4D90.jpg
今回はイボ道場による「洗脳」について解説させていただきました。
洗脳とは穏やかではないと思われる方もいますでしょうし、大袈裟だと高を括る方もいらっしゃるでしょうが、洗脳とはそんな遠い異国の御伽噺ではなく、案外に身近に迫っているものであると意識した方が良いと思われます。
ちなみに、私はえっくすのトシの本は読んでいませんが、以前から妻にやたらと勧められています。
つまり、このオープニングは動画製作担当の妻の完全オリジナルです。

4841BB0B-EE2B-4FF1-A2C3-07FB75177B5A.jpg
FE740077-6C88-41E4-A4E5-E962B0D07D45.jpg
カレーといえばインド。
という安易な発想から、霊夢と魔理沙にインドまで出張してもらいました。

F9B1DE5C-9423-43A9-A290-F109A0BB3112.jpg
ファンサイト管理人は自ら実名を公表し、恥じることなくその顔面も晒しているのは決して勇気とは呼びません。
一般人がそのようなことをするのは自分の周囲に対する配慮もない無責任な行動であると断じて良いでしょう。

真安にはまだ中学生の娘がいるのに、もし娘の同級生や同級生の親などに罷り間違って真安が運営する反社なサイトを見つけられたら、娘になんて説明をするのでしょうか。
お前は反ワクチンのやべえ奴と思われても平気かもしれませんが、妻や娘の社会的立場を侵害して良い道理にはなりません。
A17B7B7E-6917-4BE5-B940-7535E8847255.jpg
ファンサイト管理人はなんと自分を蛆虫呼ばわりするような奴を信奉し続けているのだから呆れます。
まさに化け物アゴ男案件です。

当時の妻の紹介で自己啓発セミナーに入会し、12年間洗脳され、「バケモノアゴ男」と呼ばれたToshl。給料や印税収入はすべて施設に奪われ、12年間で15億円の財産を失った。
ToshlはMASAYAらから「化け物アゴ男」などと罵倒され、元妻(45=10年に離婚)からも馬乗りで殴られるといった暴力を受け続け、HOHに計10億円以上を奪い取られた揚げ句、自己破産に至ったという。かつて〈妻を寝取られ、カネもしゃぶり尽くされた〉と報じられたこともある。悲惨というほかないだろう。

C082A893-CB86-4583-A516-62BC0C830279.jpg
イボナメクジの秘書式波バタ子(仮名)といえば北斗晶。これはマストでありファクト。
道場に参加したことがある人ならば誰もが共感してくれるであろう事実。

FD337F2B-D59D-4FAF-9FCD-C7933E045C47.jpg
BCD95B98-63F1-4596-ABB6-6906BB131CE7.jpg
265138B0-54CB-4498-A19D-14884A3B654C.jpg
E913267F-A9EB-4525-9BBB-0460D2821B9C.jpg
それにしても、自分の現場から得た知見を道場メーリングリストに投稿しても、その内容がイボの意に沿わなければ謝罪を要求されるというのですから、大した公論の場です。

8C2D210C-C372-459D-9450-04B6B0278F3C.jpg
ちなみに歴代秘書で一番無能などと評されている式波バタ子ですが、いやいや歴代秘書の現状を調べてみると全員ヤバイことが分かりますので、皆さんもどうぞググってみて下さい。

FF7741AE-6F41-4DAD-99B7-4E5A6D31A0AB.jpg
ちなみに私はSASUKEにも山田にも関心がありません。しかし私の妻は毎回SASUKEを録画するほど好きで、なかでも山田勝己について語り始めると止まりません。
山田勝己の面白さを理解しない夫に不満を抱いている妻がわざわざ動画に山田ネタをぶち込むのですから困ったものです。

A2312802-4897-4E0A-A7FD-899109B766AD.jpg
ファンサイト管理人から恫喝を受けたという中四国設営隊長(女性)による訴え。
しかし、果たしてこんな甘えた僕ちゃんのような発言を恫喝と呼んでよいものなのでしょうか?

3882E0A5-9950-484A-98F0-4F49A5444725.jpgC9AA3BF9-4B89-4D19-9791-6BBB6B68F4C3.jpg
ちなみに、今回の動画では猿渡哲也ネタだけが私が考えたものであり、あとはすべて動画製作者のセンスによるものです。
C04EB1C1-6903-4F1B-A689-FC00DD3B6B6E.jpgD06EC16E-FCBD-4336-81C9-BD473FF530FB.jpg
45B1BE8B-3141-4D94-8B8C-9AD1AEA40DF2.jpgEA9505FC-A803-472E-8BBA-266444481F41.jpgC4D5F8AA-4ABF-4619-9069-650B6671BA88.jpg
ここでの霊夢と魔理沙のやりとりは実際に私たち夫婦で交わされたものと同じであり、霊夢の心の声は妻が抱いた疑問であります。
ならば何故「恫喝の件」を今回の動画に入れる必要があるのだ。話がややこしくなるではないか、と。

7B1F81CD-BA84-496F-92E3-F2779B7D3C9E.jpg
そして、「被害者の証言」についての信憑性についてはどうしても入れておきたかったので、これは絶対に削除してくれるなと念を押しました。

さて、この動画をまだ観ていない方はこれを機会に是非観て下さい。
また、すでに観た方も改めて観直すと新たな発見があるかもしれません。
部屋に貼ってあるポスターとか、その他諸々。
CCD33E50-5970-4043-8D82-F4759D8B99C8.jpg

高評価やコメントをしていただけると、製作者のやる気にも繋がりますのでよろしくお願いします。



さて、愚行録ブログの更新は鈍化しておりますが、はてなブログでの「脱イボナメクジ宣言」の方は頻繁に更新しておりますので、そちらもよろしく!

この記事へのコメント