宮沢孝幸の突き飛ばし動画

ここのところブログ更新を怠り申し訳ありません。
併せて動画配信も遅れているのは私が脚本を書かずにいる為であり、動画製作者には何の責任もございません。

先頃、最新動画をアップしたのですが、最後までご覧になった方は分かるでしょうが、そういうわけです。


CD798208-CC36-4EEE-A9DF-9B83182E689B.jpg
ゆっくり動画にはゆっくり解説とゆっくり茶番劇というのがあるそうですが、何しろゆっくりに関する知識がゼロである人間が台本を書いているので、解説でも茶番劇でもない妙な仕上がりになっていて、ゆっくり好きの方が観たら不満に思う事でしょう。
今回の動画に関しては、更に妙なものになっており、どうやら私は疲れているようです。
もしかしたら憑かれているのかもしれません。
座敷女的なナニカに。
3C46CC1F-99D4-4039-8305-D351A0922BD0.jpg


つまらない冗談はさておき、イボナメクジが自分のイベントの動画がバズっていると何やらはしゃいでおります。

そのシーンは誰かが切り出し動画にして拡散し、77万回再生されている。もちろん、その行動を肯定する者はほとんどなく、幼稚だと批判する声が多数である。

宮沢ぶち切れ激昂「帰る芸」からの中川制止「跳ね飛ばされ」の動画が切り取られ、75万回再生にもなっているらしい。呆れた。こういうのをバズると言うのか?

そのバズったという動画は確かにイボイベントでの映像ですが、イボの珍コロナ論が跳ねたわけではなく、いい歳した大人が掴み合いをするという滑稽さに注目が集まっただけで、イボナメクジは一切関係ありません。
なのに、この妙な浮かれよう。久しぶりに世間から注目されたと喜ぶ爺さんにはもはや痛々しさしかありません。




バズっているのは宮沢の奇行であって、イボナメクジは単なるモブです。
珍コロナ論では世間的には宮沢の方が注目されていることを察して、それに便乗する形で宮沢叩きに走るつもりなのでしょうが、残念ながら世の中はゼロサム思考ではないので「宮沢は馬鹿」→「その宮沢を批判するイボ」→「つまりイボは正しい」という流れにはなりませんよ。
宮沢もイボも同等のインチキ商人であり害悪としか見られませんし、イボイベントなど蠱毒の壺と言われています。
2276399B-F99C-4515-A9F7-F7E7FAF710AC.jpg
門外漢宮沢だけが気持ち悪い者ではなく、イボナメクジにエキノコックス、人糞食べ食べ人間中川淳一郎にだめんず食い食い人間くらたま、その他一名全員が気持ち悪い蠱毒の壺。
なんでしたら、設営スタッフや参加者も気持ち悪い連中ですし、撮影係のドロヘドロの気持ち悪さは他を圧倒しています。
52AA5DA2-06CE-4229-8674-17471E883DEF.jpg

10時間、議論してもいいのだが、宮沢氏が議論に耐えられないのは明白である。激昂して、ブチ切れて、退出しようとして、止める中川氏が突き飛ばされて、事故になり得る危険な状況にまでなったのに、謝罪もしない宮沢氏をこれ以上、甘やかしていていいのかどうか疑問である。

中川淳一郎氏があの場面で咄嗟に止めようとしたのは、立派だった。だが、あの宮沢氏の突き飛ばしは危険だった。中川氏が転倒して、演壇の角や突起物に後頭部を打ち付けた場合、死ぬ可能性もある。ドラマでよく見るシーンだからヒヤリとした。今後の教訓として、師範やゲストがキレて行動した場合、警備担当が出動してほしい。

イボナメクジは中川を突き飛ばした宮沢を非難していますが、動画を観ると先に掴みかかったのは中川淳一郎の方です。
「帰る」と席を立つや、中川淳一郎が飛びついていったのですから、非があるのは明らかに中川淳一郎の方であり、謝罪すべきは中川でしょう。
退席して欲しくないのならば、言葉で説得すべきであり、手を出して無理矢理着席させるのはいかがなものでしょうか。
宮沢があまりに幼稚な振る舞いをしている為に誰もそのことを触れずにスルーしていますが、議論に付き合い切れずに呆れて退席するのは本人の自由でしょう。
それを制止するのに肉体言語を使うとは何という野蛮さでしょうか。
自分たちに反対する立場の者に対しては警備担当のチンピラが睨みをきかせると脅すのですから呆れます。
大体、宮沢ごとき青瓢箪にちょっと押されたぐらいでふらふらとよろけるぐらい酔っ払っている中川淳一郎の方が明らかに問題ありでしょう。

5DD6E53A-4BF9-4C14-93D4-FE040F1642CA.jpg
7F9D3340-E1EB-45D9-8BE9-755D0389A439.jpg
B030611F-BA84-4AA6-A9EB-75A1AF72270C.jpg
6CC1A8DA-DCFE-431B-9716-06BEC01A1D80.jpg
F560D72B-7195-4744-95BC-2AAF6F6F4928.jpg
更に、宮沢叩きのために、宮沢の暴力にヒヤリとしたなどと書いていますが、あの場で声を出して笑っておいて、ヒヤリもクソもないでしょう。
これぞ打落水狗、水に落ちた犬を打つというヤツですね。

他人のバズりに便乗した上に弱っている相手を足蹴にして自分の優位性を確保しようとするイボナメクジ。
実に情けないカスです。

新型コロナの感染経路は便所での糞口感染だとの主張も何やらトーンダウンして、糞口感染はつまり接触感染だと論理のスリカエを始めているそうじゃないですか。
昨日の生放送では独自の糞口感染の説明をしていましたが、最終的に糞口感染は接触感染だと言い出しました。
そのうち、「わしは前から飛沫感染を認めていた。だから飛沫を浴びて軍事訓練とマンガにも描いたじゃないか」などとドヤ顔で言い出しそうな勢いです。
要するに何でもあり。
それがゴーマニズム宣言なのですから、イボの言い分をいちいち聞いてやる必要などないのです。
何があろうと「やはりわしは正しかった」といっておしまいです。
占い師がさまざまな矛盾したことを言い連ねて、一つでも当てはまることがあったなら、ドヤ顔をするのと同じ商法に過ぎません。
8A7916CF-6E14-4ECF-A91C-65AD8693E1DB.jpg
51DC949B-97D2-4B3F-84C5-9023B112FC29.jpg
9AE12DB8-3611-4D64-85D2-0DC02585DE61.jpg
00A5190A-4F53-40C1-AC5B-90D8964BA0E6.jpg
7E2A89A8-C982-49B2-9510-6B3505A922CC.jpg
89180724-AE5C-44C9-B61E-64C279F504C2.jpg

イボナメクジ研究所YouTubeチャンネル

この記事へのコメント